LES Japan ライセンス実務講座

チラシPDFはこちら [PDF:730KB]

ご案内詳細PDFはこちら [PDF:232KB]

過去の受講生の声はこちら [PDF:403KB]


知的財産を巡るビジネス取引と契約交渉の秘訣 ~基礎から実践まで~(東京・大阪・名古屋)

  1. 1.講師からのメッセージ
    企業がグローバルな事業展開を遂行している中で、知的財産の活用は欠かすことができない環境にあり、知的財産のライセンス契約は重要な位置付けにあります。
     本講座では、主として知的財産のライセンス契約等について、講師の企業での実務経験や知見に基づき具体的な契約書や仮想事例を使用しながら契約交渉の秘訣を伝授します。また、実務で活用可能な契約書、契約書チェックリスト等の参考資料も豊富に提供する予定です。
  2. 2.講座の内容(一部変更となる場合がありますので、予めご了承下さい。)
  3. Ⅰ.はじめに
  4. 1.講師紹介
    2.講座の主旨
    3.最近の知的財産関連報道
    4.これからの法務知財部門の在り方
  5. Ⅱ.契約と契約書の役割
  6. 1.契約とは?
    2.契約交渉とは?
    3.ビジネスと契約形態
    4.ライセンスとは?
    5.ライセンス契約締結までの業務手順とライセンス契約の構成要素
  7. Ⅲ.知的財産(権)について
  8. Ⅳ.実ビジネスと知財・契約の連動例
  9. Ⅴ.講師の実務経験からの教訓
  10. Ⅵ.具体的な契約書と解説
  11. 1.秘密保持契約書
    2.特許ライセンス契約書
    3.開発委託契約書
  12. Ⅶ.コラボレーションとは?
  13. Ⅷ.コラボレーションスキームの仮想ケースとアプローチ方法
  14. Ⅸ.講座の纏め
  15. Ⅹ.参考資料
  16. 契約書チェックリスト、推奨書籍、講師単著論稿等
  17. 3.講師
  18. 氏名: 石川 文夫
    所属: GBKS代表、立教大学法学部兼任講師
    役職: 特別顧問
    略歴:
  19. 1979年 富士通株式会社 入社
    1979-19961年月 電子デバイス部門等にて海外留学、海外駐在。国内・海外外拠点における受注、売上、生産管理管理業務等に従事
    1996-2007年 電子デバイス部門知的財産部にてライセンス交渉業務等に従事。渉外部長他
    2008-2016年 富士通セミコンダクター株式会社 法務部にて法務業務統括責任者。法務部統括部長他
    2017年 富士通セミコンダクター株式会社 シニアアドバイザー
    2017年~ 現職
  20. 著書、論文等:
  21. 「知的財産ライセンス契約の保護」(共著、雄松堂、2004年)
    「企業における知的財産部門の在り方」 知財研フォーラムVol 97(単著、2014年)
    「ケーススタディ 企業間コラボレーションを成功させる契約交渉の進め方」(単著、中央経済社、2018年)等

LES Japan ライセンス実務講座に申込みをする

英文ライセンス契約書の作成/チェック ~読解から作成まで~(演習付き)(東京・大阪・名古屋)

  1. 1.講師からのメッセージ
    本講座は、国際ライセンス契約の入門編として、国際ライセンスに携わる初心者であって、ライセンスの専門部門はもとより技術部門や企画管理部門等のより広い層の方々に国際ライセンス契約に関する基礎知識とキーポイントを習得していただくべく企画しております。
     私は、日立製作所において30年間、主に海外企業を中心とする国内外企業とのライセンスや特許侵害訴訟、また、海外法務や海外技術提携契約の実務を担当してきました。
     本講座が受講生皆さんのライセンス実務の一助となるように講義を行う所存です。
     多数の方々のご参加を期待しています。
  2. 2.講座の内容(一部変更となる場合がありますので、予めご了承下さい。)
  3. PartⅠ. 英米契約法の基礎知識
  4. 1. ライセンス界のde facto標準としての英米法
    2. 契約の背景となる文化の違い
    3. 英米法、コモンローとは
    4. 英米法の特徴
    5. 英米契約法入門
  5. Part II.国際ライセンス契約入門
  6. 1. 国際ライセンス契約とは
    2. ライセンス契約の目的
    3. ライセンス契約の類型
    4. 契約書の英語表現
    5. 国際ライセンス契約書の構成
  7. Part III.国際ライセンス契約書の条項
  8. 1. 国際ライセンス契約書の条項-頭書部
    2. 国際ライセンス契約書の条項-リサイタル
    3. 国際ライセンス契約書の条項-定義
    4. 国際ライセンス契約書の条項-主要条項
    5. 国際ライセンス契約書の条項-一般条項
    6. 国際ライセンス契約書の条項-特殊な条項
  9. Part IV.国際(英文)ライセンス契約の留意点
  10. 1. 国際ライセンス契約に至る流れ
    2. 契約交渉、契約書作成での留意点
  11. Part V. 国際(英文)契約書の作成演習
  12. 3.講師
  13. 氏名: 荻野 誠
    所属: 東京理科大学専門職大学院 イノベーション研究科教授 知的財産戦略専攻(MIP)主任
    役職: 専攻主任・教授
    略歴:
  14. 1979 日立製作所 入社
    1979~1988 国際事業本部にて海外法務、海外技術提携等に従事
    1984~1985 Oxford大学 St. Peter’s College 留学。同知財研P.A. Hayward 氏に師事
    1988~2007 知的財産権本部にて海外特許ライセンスに従事。ライセンス第一部長他
    2007~2010 知的財産権本部戦略企画室長
    2010~2012 株式会社日立国際電気、知的財産権本部長
    2012~ 現職
  15. 対外活動:日本ライセンス協会 副会長 国際委員会副委員長

LES Japan ライセンス実務講座に申込みをする

医薬・バイオ分野のライセンス ~実務家の経験に基づく交渉ポイント~(東京・大阪)

  1. 1.講師からのメッセージ
     私は、製薬企業(武田薬品)知財部門において20年以上、医薬業界は勿論、医薬以外の異業種との連携も含め、共同研究、技術・製品のライセンス、DD(Due Diligence)、M&A、係争訴訟等で、契約交渉を多数担当した後、大学に移り、アカデミア発の研究成果の付加価値を高め企業への導出を成功させるべく、知財戦略や契約実務を推進しております。企業や大学等とのコラボレーションを多数実施してきた実際の体験を踏まえ、研究開発から事業化における連携、契約交渉において、企業、ベンチャー、アカデミアそれぞれが、どんな点を重視しているか等、また、様々な成功例・失敗例をベースに、難局を如何に乗り越えるか等、事例を交えてお話します。 具体的には、

    ・「どこをどうチェックしたらよいか よく分からない」といった契約書に対する苦手意識を克服し、実際に活用できる幅広い知識とスキルを習得いただくことにフォーカス。 ライセンス実務について1日で概要を把握できるよう、コンパクトに体系的に解説。
    ・医薬・バイオ分野特有のポイントは勿論、企業とアカデミアの両者の目線で、分野を問わず広く実務に生かせる契約書のチェックポイントや交渉のコツ・ノウハウ等を紹介。

    企業、大学、特許/法律事務所等においてライセンス実務に携わる方々だけでなく、研究開発、戦略企画、事業開発など、幅広い部門の皆様の業務に活用戴けるものと信じ願っております。
  2. 2.講座の内容(一部変更となる場合がありますので、予めご了承下さい。)
  3. Ⅰ.ライセンスにおける様々な契約
  4. ①秘密保持契約書(CDA/NDA)、②サンプル提供契約(MTA)、③フィージビリティー・スタディー(FS)契約、④オプション契約、⑤特許ライセンス契約、⑥共同出願契約、⑦共同研究/開発契約、⑧供給/サプライ契約、⑨覚書、⑩タームシート、⑪LOI(Letter of Intent)他
  5. Ⅱ.ライセンス契約書は、ここを、このようにチェックする
  6. ①前文、②定義、③秘密保持、④成果の扱い、⑤実施許諾、⑥対価、⑦改良発明、⑧開発・企業化、⑨改良発明、⑩特許の権利化・維持、⑪特許侵害、⑫表明・保証、⑬締結日と発効日、⑭契約期間、⑮契約終了、⑯存続条項、⑰一般条項etc.
  7. Ⅲ.医薬・バイオ分野のライセンスの特徴と戦略
  8. Ⅳ.産学連携を上手く進めるために(アカデミア‐企業間の契約留意点)
  9. Ⅴ.デュー・デリジェンス(DD)~ 技術・製品の導入、M&Aを成功させる
  10. Ⅵ.契約交渉のポイント・コツあれこれ ~ 具体的事例を踏まえて
  11. 3.講師
  12. 氏名: 浅野 滋啓
    所属: 九州大学・ARO次世代医療センターセンター 特任准教授
    略歴:
  13. 1987年 京都大学大学院・農学研究科農芸化学専攻 修士課程修了
    1988年 武田薬品工業株式会社 生産技術研究所・バイオ技術センター・研究員
    1994年 武田薬品工業株式会社 特許部・特許出願グループ・課長代理
    2000年 武田薬品工業株式会社 知的財産部・知財情報グループ ・主席部員(係争訴訟担当)
    2002年 Takeda Europe R&D Center (ロンドン駐在、3年)
    2005年 武田薬品工業株式会社 知的財産部 ・シニアマネージャー (技術提携)
    2015年 武田薬品工業株式会社 Strategy & Operations, IP & Alliance Director
    2017年 11月より 現職
    (2018年 4月より 広島大学・トランスレーショナルリサーチセンター 客員准教授 を併任)
  14. 対外活動:日本ライセンス協会 ・理事、教育委員会副委員長、関西研修委員会副委員長
  15. 直近の論文等:
  16. Intellectual Property in the Field of Regenerative Medicine in Japan
    Shigehiro Asano, Yoichi Nakanishi and Daisuke Sugiyama
    Clinical Therapeutics, 40 (11), 1823-1827, 2018

LES Japan ライセンス実務講座に申込みをする

ライセンス・ネゴシエーション実務 ~模擬交渉(受講者実演)と講演~(東京・大阪)

  1. 1.講師からのメッセージ
     本講座では、用意されたシナリオに基づいてライセンスの模擬交渉を受講者に実際に体験していただきます。 ライセンス交渉において、基本的な知識、契約実務のノウハウなどをベースに方針・具体策を立てますが、交渉現場では当然のことながら、想定したシナリオ通りに進むわけではありません。交渉は、双方の主張の「つばぜり合い」というだけではなく、双方のビジネスのすり合わせ、あるいはビジネスモデルそのもののすり合わせとも言えます。交渉の現場は双方が利益を主張する場ですが、ライセンス契約を起点として両者のその後の関係は続いていきます。したがって、いわゆるWin-Winの関係を築くことが重要です。また、交渉の結果は、相手の状況、自社の状況、両者を取り巻く環境などで変わり、また誰が交渉の前線に立つかによっても大きく変わってきます。つまり、「正解」はありません。 本講座の第一の狙いは、受講者に交渉の疑似体験をしていただき、ライセンス交渉の要点や、難しさ・奥深さ・面白さを体感していただくことにあります。二つめの狙いは、他の人の模擬交渉を見ることで、違う視点やアプローチを知り、視野を広げていただくことです。
    この講座の模擬交渉の設定は医薬に関するライセンスで、ライセンサーが米国のバイオベンチャー企業、ライセンシーが日本の大手製薬企業の交渉としていますが、ライセンス交渉の基本は、分野や業態によらない要素が多くあります。この講座を受講していただくことが、実際のさまざまなライセンス交渉場面で使える頭の中の「ひきだし」を増やすトレーニングとなれば幸いです。
  2. 2.講座の内容(一部変更となる場合がありますので、予めご了承下さい。)
  3. 【全体解説Ⅰ】
  4. ・イントロダクション:講座の進め方
    ・模擬交渉の背景の解説
     医薬ビジネスの特徴、他の分野との比較
     スタートアップ(ベンチャー)企業の特徴
    ・シナリオレビュー
     ライセンシー・ライセンサーの置かれた状況
     両者の論点の比較
     交渉の作戦を立てる上でのポイント
  5. 【グループ討議】
  6. ・交渉準備; ライセンシー・ライセンサーの各グループでの方針・具体策の協議
  7. 【グループ間の模擬交渉】
  8. ・ライセンサー・ライセンシー各グループ間での模擬交渉
  9. 【全体討議・講評】
  10. 【全体解説Ⅱ】
  11. ・交渉力アップのために
     交渉の基本戦術
     交渉の技術
     膠着した時の対応
  12. 3.講師
  13. 氏名: 原  豊
    所属: 国立大学法人東京工業大学 研究・産学連携本部 産学連携部門
    役職: 部門長、URA(University Research Administrator)
    略歴:
  14. 1986年 マサチューセッツ工科大学 材料科学科博士課程修了
    1986-1987年 マサチューセッツ工科大学 ポストドクトラルアソシエイト
    1987-2007年 株式会社リクルート。科学システム事業、新規事業開発、人事コンサルティング等に従事。
    1998年より同社の産学間の技術移転事業の立上げに参画、テクノロジーマネジメント開発室チーフアソシエイト。
    2007-2016年 アドバンストソフトマテリアルズ株式会社 代表取締役社長
    2016-2017年 同社取締役(非常勤)。テラ株式会社(現パスイメージング株式会社)取締役。
    2017年5月~ 国立大学法人東京工業大学 研究・産学連携本部 URA
    2017年10月~ 現職
  15. 対外活動:
  16. 産業構造審議会産学官連携小委員会委員(2001年)
    京都大学国際融合創造センター 融合フェロー(2002年)
    科学技術・学術審議会 科学技術振興調整費審査部会委員(2002~2003年)

LES Japan ライセンス実務講座に申込みをする

チラシPDFはこちら [PDF:730KB]

ご案内詳細PDFはこちら [PDF:232KB]

ページトップへ