産官学連携活用

活動内容

●2019年度活動方針
 2018年度は、産学連携の新しい潮流として各大学でも取り組みが活発化している「大学発ベンチャー」を取り巻く環境や課題について、現場で関与されている方を講師として招き最新の情報提供をしていただくとともに、講師とメンバー間で活発に意見交換を行いました。
 2019年度は、「地域に根差した産官学連携の活動を探る」ということをテーマといたします。米国においても、大学の技術のおよそ2/3はベンチャー、中小企業へライセンスされています。日本においても地域に根を下ろした産学連携の活動が活発化してきているようです。本WGのメンバーの伝手も最大限生かし、現場の最新事情を探ってゆきたいと思います。
 本WGは、産・官・学という異業種のメンバーが利害関係なく交流できる場でもあり、互いに刺激し合い、そこから新しいアイデアが生まれる可能性も秘めています。メンバー間の活発な意見交換や交流にも力を入れてゆきたいと思います。新しいメンバーも大歓迎ですので、この分野に興味をお持ちの方は、是非、気軽にご参加ください。

●2019年度活動計画
第1回 3月15日(金)16時 開催予定
 本WGのリーダー岡田とサブリーダー吉村が共著で「les Noubelles」に寄稿した日本の産官学連携(技術移転)の最新事情のレポートの内容をご紹介するとともに、2019年度の活動方針について意見交換をさせていただく予定です。
 LESインターナショナル大会(横浜)のワークショップ (5月27日13:30開催予定)
「Knowledge Transfer from University」というテーマで、各国の産学連携の現場で活躍されている方にパネリストとして登壇いただき、パネルディスカッションを行う予定です。日本からは東京大学TLOの山本社長が登壇されます。

第2回 7~8月頃  

第3回 10月~11月頃

 地域産学官連携の現場で活躍されている方を講師として招き、地域産官学連携の最新事情を語っていただくことを検討しています。
*年に4回程度の開催を予定
*電話会議システムを利用し、関西のメンバーにも参加いただける体制を取ることも検討中

※ワーキンググループに初めて参加を希望される方は、事前にワーキンググループリーダーにご連絡ください。
リーダーの連絡先及びメンバーリストは会員専用ページをご参照ください。非会員の方は事務局(les@din.or.jp)までご連絡ください。
ページトップへ