ヘルスケア

活動内容

2018年度活動方針
 近年、創薬シーズの枯渇が顕著であり、製薬企業が各社独自の医薬品を創生・開発することが難しくなってきております。それにもかかわらず、日本ではジェネリック医薬品使用促進策の推進、薬価制度改革等によって、新薬系製薬企業はますます厳しい状況に追い込まれてきております。この状況下、製薬企業が永続的に発展していくためには、有望なパイプラインの自社テリトリーへの導入/提携、もしくはそのパイプラインを含めた企業M&Aが選択肢として不可欠であります。21世紀に入り、大型M&Aが大きな話題となってきた一方、バイオテック・ベンチャー企業のM&Aや大型製品の提携も盛んになってきております。

 その際、もっとも重要かつ必須なことはその企業やその企業の持つ製品・パイプラインの価値評価=Due Diligenceを正確に行うことです。Due Diligenceが正確かつ納得できるものでないと、M&Aや提携の成功確率が低くなりかねません。

 ヘルスケアWGの本年の活動は、Due Diligenceをテーマの中心として勉強し、メンバー間の活発な意見交換や交流にも力を入れてゆきたいと考えております。


2018年度活動計画<暫定活動計画>
第一回 ヘルスケアWG
日時:2018年3月15日(木)16:00~18:00
場所: ノーベルファーマ株式会社(中央区日本橋小舟町)
演題:「M&AのDue Diligenceについて」
講師: 大塚ホールディングス株式会社 黒木保久
内容: 本年のテーマに関するイントロダクションとして、買収時におけるDue Diligenceのポイントや問題点等を洗い出し、WGメンバーと議論します。

第二回 ヘルスケアWG
日時:2018年5月31日(木)16:00~18:00
場所:大塚ホールディングス株式会社(港区港南)
演題:「知財Due Diligenceについて」(仮題)
講師: デロイト トーマツ コンサルティング株式会社 小林誠
内容: 知財Due Diligenceに詳しい講師を招聘し深く討議する予定です。

第三回 ヘルスケアWG
以降 未定

開催予定

最終更新日:2017/05/01

次回

  • ・日時:未定
  • ・場所:未定
  • ・テーマ:未定

次々回

  • ・日時:未定
  • ・場所:未定
  • ・テーマ:未定
※ワーキンググループに初めて参加を希望される方は、事前にワーキンググループリーダーにご連絡ください。
リーダーの連絡先及びメンバーリストは会員専用ページをご参照ください。非会員の方は事務局(les@din.or.jp)までご連絡ください。
ページトップへ