YMC

活動内容

 1.活動方針
本ワーキンググループは、これまで国際委員会の一部会として活動していたYMC(YoungMembers Congress)部会に由来する2020年度に新たに発足したワーキンググループである。日本及び各国の若手会員同士の交流を通じて、若手会員における知識の深化と実務能力の向上を図ると共に、会員にとって有益な知財情報を提供することを目的とする。なお、YMCは各国LESに設置されており、共通の入会条件は、40歳以下又は気持ちの若い(Young at heart)会員である。

2.活動計画
今年度、YMCワーキンググループでは、以下の活動を行う予定である。
(1)YMC WGの定例会(隔月程度)において、国内外の制度や判決例の研究、ケーススタディーを行い、YMC会員の横のつながりを形成すると共に、知財知識の深化と実務能力の向上を図る。
(2)他の委員会・WGとの交流を図り、YMC会員の知財知識の深化と実務能力の向上を図る。
(3)北米地域(6月にアメリカ・ニューヨーク)、欧州地域(9月にイタリア・ミラン)、アジア地域(11月にフィリピン・マニラ)で開催されるYMC会議へと積極的に参加し、国際的ネットワークの形成と国外の知識の深化を図る。
(4)YMC会員の増員・多様化を通じて、研究機能の向上を図る。

3.その他
2020年度に新たに発足したYMCワーキンググループでは、新規メンバーを募集しております。メンバーは、現在のところ、企業法務部員、様々な国(米国、ブラジル、中国、台湾、韓国、日本)での資格を有する若手プロフェッショナル(弁護士、弁理士)となります。若手実務者の実務知識向上と、普段の疑問点の解決、ネットワーキングに最適の場です。もしご自身若しくはお知り合いの方でご興味がお有りの方がいらっしゃいましたら、YMCワーキンググループリーダーの飯塚健(takeshi_iizuka@iizuka-ip.com)までご連絡ください。

※ワーキンググループに初めて参加を希望される方は、事前にワーキンググループリーダーにご連絡ください。
リーダーの連絡先及びメンバーリストは会員専用ページをご参照ください。非会員の方は事務局(les@jiii.or.jp)までご連絡ください。
ページトップへ